投資不動産のメリットデメリット

投資不動産とは、マンションやアパートなどの不動産を利益を得ることを目的として購入し、その家賃収入や将来その不動産価値が上昇し、売却することによって収益を得るものです。
家賃収入によって長期的に安定した収入が得られるといったメリットがありますが、空室リスクや建物の老朽化による家賃の下落やメンテナンス、不動産価値が下落する可能性があるといったリスクやデメリットもたくさんあります。

しかし投資不動産のリスクやデメリットは、理解していれば回避しやすいものもたくさんあります。
投資不動産には株式やFXのような目に見えて大きな収益をあげることができませんが、その分リスクも比較的少なく長期に安定した収入を得ることが出来る確かな投資でもあります。

さらにローンで物件購入をすれば団体信用生命保険がつきますので、もしご自身に万が一のことがあった時にはローンの残債はなくなりご家族にローンのない不動産を遺すことが出来、家賃収入を生命保険金代わりとして受け取ってもらうことが出来るのです。

様々なメリットデメリットがある投資不動産ですが、ご自分の努力次第で成功させることも失敗させてしまうことも出来ます。
失敗しない投資をするために、知識を広げて投資不動産を実現させましょう。